マイホーム取得でお役に立てることはありませんか。
 行政書士 榛村事務所なら、きっと出来ることがあります。


この度は当事務所のホームページをご覧頂きまして誠に有り難うございます。
当事務所は群馬県太田市から、皆様のマイホーム取得を支援している
行政書士事務所です。


皆さんは買い物で、「初めて○○○を買ったけど、後になって後悔した。」
このような経験はありませんか。
誰でも初めて買うものは何が良いのかポイント(様子・具合)が分かりません。
手探りです。
これが何度も買える物なら、その後悔も「まぁ、いいか。」で済むかもしれません。

しかし、マイホームとなるとそうはいきません。
決して失敗出来ませんし、失敗したくない・良い買い物をしたいと
強く考えるはずです。
これは、何度もマイホームを購入できないので当然のことだと思います。

では、マイホーム取得で失敗しない(成功する)ためには
どうしたら良いのでしょうか。

それはズバリ、「大切なポイント(様子・具合)を知っていること」だと思います。


例えば(1)住宅展示場と、(2)営業マンについてです。

(1)住宅展示場について

  皆さんにとって「住宅展示場」とはどんな所でしょう。
  
   念願のマイホームを取得するために最初に足を運ぶ所
   住宅メーカーの特徴や間取り等を見て情報収集する所
   フェアの時に子供と一緒に遊びに行く所(笑)
   でしょうか。

  では、頑張っている営業マンにとって「住宅展示場」とはどんな所でしょう。

   どうすればお客様の夢(マイホーム)をカタチに出来るか考える所
   その為に、夜遅くまで資料(間取り・資金計画…etc)を準備する所
   そして、お客様と打合せ・打合せ・打合せ…をする所
   でしょうか。

  しかし、これが売れていない営業マンにとって「住宅展示場」とは
  どんな所でしょう。

   それは…家を建てたいお客様を見つけるために待っている所
   売れないとき、上司から怒られる所
   お客様の都合を考慮せず、自分の事情で契約を迫ってくる所
   (営業マンは真剣なのでしょうが…)
   ではないでしょうか。

(2)営業マンについて

  次に、皆さんは家づくりで重要な「担当営業マン」が、
  どのように決められるかご存知ですか。

   実は…誰が担当になるかはお客様が決めるのではなく、
   住宅メーカー側で決める場合が多いのです。
   そして、その方法は至極簡単。
   「初めて会った人が担当」というシステムです。
   新入社員もベテランも、気が合うも合わないもないのです。

   なので、営業マンと気が合わない場合は
   「住宅メーカーは好きだけど、担当がチョット…」となり、
   他メーカーに変えてしまうケースもあるのです。

   だから展示場見学では、住宅メーカーや間取りを見るだけでなく、
   信頼できる営業マンを見つけることも大事になってくるのです。

(ポイント)住宅展示場と営業マン

  住宅展示場とは○○○であり、実は○○○をする場所である。

   だから、初めて見学する展示場でしてはいけないこと、それは…
  
  良い営業マンと、そうでない営業マンを見分けるには
  ○○○を聞けばよい。

   そして優秀な営業マンがどこにいるのか、それは…

  ※この先は、お会いしたときにお尋ね下さい。



マイホーム取得での大事なこと

  それは…「何がポイントか知っていること」だと思います。


  当事務所では
    それら様々の大切なポイントをお伝えする
    そして皆さんのマイホーム取得を支援する
  経験・知識があると自負しております。
  なぜなら、それは…業務案内よくある質問をご覧下さい。


  「念願のマイホームを取得したのに、後悔している」ということがないように、
  行政書士がマイホーム取得を支援致します。

  当事務所のノウハウが、皆様のお役に立てば幸いです。


行政書士 榛村事務所 代表
株式会社 ランド・ステーション 代表取締役
榛村 道輝